各地の日中交流ニュース

2022年9月1日号掲載予定 /

中国人殉難者慰霊碑を全面改修、除幕式と慰霊祭を開催

・北海道旭川日中友好協会

7月7日、北海道上川郡東川町で、第二次世界大戦末期に強制連行され、遊水地建設などで過酷な労働条件の下で亡くなった中国人殉難者の慰霊碑の除幕式と慰霊祭が行われた。

慰霊祭は旭川日中友好協会が碑管理委員会の事務局を務め、盧溝橋事件勃発の7月7日に毎年実施しているもので、今年は日中国交正常化50周年と碑建立50周年に当たり、損傷の激しい慰霊碑の全面改修を行い、除幕式と慰霊祭を開催した。

当日は、劉亜明中華人民共和国駐札幌総領事、中国人留学生、華僑や東川町、旭川市の関係者、友好協会会員ら約70名が出席した。

除幕後の慰霊祭では、大橋政美慰霊碑管理委代表、東川町長、旭川市長、撫順の奇蹟を受け継ぐ会北海道支部長が追悼の言葉を述べ、参加者が順次焼香し、殉難者の冥福を祈った。最後に挨拶に立った劉総領事は「長年にわたり慰霊祭を開催されていることに感謝します。慰霊祭は慰霊の場だけでなく、今後の日中友好を進める大きな意義のある事業だと思います」と述べられた。

1942年の閣議決定により、全国の135事業所に約4万人の中国人が連行され、そのうち半数の2万人が北海道に配属されたと言われている。東川町では終戦の1年前の9月に338名の中国人が強制連行され、1年足らずの間に88名が死亡した。

参列者一同、異国の地で命を落とした88名に哀悼を捧げるとともに、再び日本が戦争への道を歩むことのないよう、深い反省とともに日中平和友好の誓いを新たにした。彼らの犠牲により築かれた遊水池は今もなお東川町の美味しい米作りに貢献している。

(会長 鳴海良司)