会長挨拶・協会概要

会長挨拶

 

当協会は、中華人民共和国建国の年である1949年10月に準備会が発足し、翌50年2月に会報『日本と中国』が創刊され、同年10月1日に創立大会が開催されました。以来、過去の日中戦争への反省の上に立ち、当時まだ国交のなかった中国と経済・文化・教育・スポーツ等の様々な民間交流を行ってきました。協会活動の歴史は60年を超え、日中関係団体の中でも最も古い歴史をもち、各地に加盟都道府県協会を有する唯一の全国組織となりました。

日本と中国は引っ越しのできない隣国であり、いまや経済的にもつながりを断ち切ることのできない間柄となりました。両国には依然として歴史認識や領土などのいくつかの問題がありますが、世界第2位、第3位の日中が仲良くすることこそが、アジアひいては世界の平和と安定につながると信じています。

協会は、「日中共同声明」、「日中平和友好条約」、「『友好協力パートナーシップの構築』のための日中共同宣言」、そして「『戦略的互恵関係』の精神をふまえながら、両国民の相互理解と相互信頼を深め、アジアと世界の平和に貢献することを願って、これからも日中関係の発展に努めてまいります。

皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

公益社団法人日本中国友好協会

会長 丹羽 宇一郎

協会概要

名称 公益社団法人日本中国友好協会((公社)日中友好協会)
英文名:Japan-China Friendship Association
設立 1950年 10月1日
2000年 5月29日~社団法人日本中国友好協会
2012年 4月1日~公益社団法人日本中国友好協会
所在地 〒101-0054
東京都東京都台東区駒形1-5-6 金井ビル5階
電話番号 03-5811-1521
FAX番号 03-5811-1532

目的及び事業

目的 日中共同声明と日中平和友好条約の掲げる精神を遵守し、日本国と中華人民共和国両国民の相互理解と相互信頼を深め、友好関係を増進し、もって日本とアジアおよび世界の平和と発展に寄与することを目的とする。
事業 (1) 日本からの訪中団の派遣と斡旋及び中国からの訪日団の受け入れと斡旋
(2) 日本からの留学生の派遣と斡旋
(3) 在日中国人留学生の支援事業
(4) 日本における中国語の普及及び中国における日本語の普及のための支援
(5) 日中両国の友好都市間の交流の推進
(6) 在日華僑及び華人との交流活動及び支援と協力
(7) 中国における環境の保全、保護及び環境に関する協力
(8) 文化、芸術、教育、科学技術及びスポーツ等の公演、展示会及び公演等の開催
(9) 中国の情報並びに日中友好交流に関する会報等の発行
(10) 出版事業
(11) 中国知識検定の実施
(12) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業